« 長居スタジアム | トップページ | ミニバラ@秋咲き(その2) »

2005/10/06

【AWAY】ナビ杯準決勝(2Leg)@ジェフ千葉戦

現地には行けず、家のTV前、通称「TVゴル裏」に陣取った。
雨に打たれたレッズサポの姿と大声量コールが、ブラウン管を通して私の前に現れた。いつもの光景である・・・しかしいつもより鬼気迫る光景であった。そのシーンを見ただけで目頭が熱くなった。 「ああ、行きたかった・・・」
試合中も、八塚アナが、前日の断幕の件を時々紹介してくれた(この人は、レッズが好きなんだよ~、きっと)。

試合は、立ち上がりしばらくはレッズ左サイドを何度か(千葉・坂本などに)突破され、不安な状況であったが、闘莉王の技アリHSが反撃ののろしとなり、達也の追撃弾も出て、圧倒的にボールを支配するレッズ。前半は2-0折り返し。意外に山田のボランチがパスミスは多いものの効いていると私は思った(現場の皆さん、いかがでしたか?)

運命の後半。
あれほど注意を払っていた立ち上がりに失点。。。阿部をフリーにしてしまった。
TVからも、だんだんとジェフのペースに巻き込まれていくのが見て取れた。焦りからのパスミスの増加、接触プレーの荒さ、トラップがおさまらない、濃くなる疲労の色。。。
マリッチがボールに絡めていない・・それどころか、達也と時折動きがかぶってしまい、前線がつまる状況が目立ってきた。ほどなくピッチリポーターから選手交代の雰囲気が伝わってきたとき、私はマリッチ→三都主だろうと思っていた。しかし現実はマリッチ→三都主。「その次か・・・」と思ったら永井→岡野。そして最後はやむなくポンテ→堀之内、であった。
ポンテを負傷で下げざるを得ない状況となり、機能していないマリッチに攻撃の基点として勝負を賭けたのか?理解できないまま、最後にまたしても阿部にしてやられ、終わってしまった。

試合に負けてしまった。
国立にも行けなくなってしまった。
「あの交代で良かったのだろうか?」としばらく考え込んだが、やめた。

これがレッズの現実である。
選手起用だけが敗因ではない。後半、失点して気持ちが引き気味になったこと、焦りからくる雑なプレー、元王者としてのしたたかさの欠如・・・様々な負のファクターがあったからだと思う。
だからといって、ダメな試合だったかといえば、それは「否」である。
試合後、敗戦が現実になっても「行けば良かった」と思った。雨に打たれて精魂尽き果たし、挙げ句の果てに努力は実らず負けてしまったが、それでも
「行けば良かった」と。
サポの想いは叶わなかったが、選手に痛いほど伝わったはずだ。なぜならブラウン管を通じても、サポの想い、それに応えんと気迫のプレーを見せる選手の想いが痛いほど伝わってきたから。

「勝負は時の運」とも言うが、結果は(真実ではないこともあるが)紛れもない現実である。
受け止めよう。それがレッズサポならできるはずだ。
そして立ち上がろう、まだ闘いは終わっていない。それがレッズサポならできるはずだ。

『折れない心』

これまでサポートしてきた者ならば、この試合に至る周囲の経緯を知っている者ならば、そしてこの試合を見た者ならば、きっと「折れない」。
これまで愛して信じてきたREDSへの誇り、そしてREDSを愛して信じてきた己の誇りを捨てない限り、きっとまた甦る。
次節まで時間がある、修正は十分可能なはず。

現地参戦の皆様、本当にお疲れ様&ありがとうございました。

|

« 長居スタジアム | トップページ | ミニバラ@秋咲き(その2) »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

この日は携帯片手に授業を受けていました。

負けは事実です。負けた事はすごく悔しいです。しかし悔しいからと言って今まで信じてきたREDSを諦める事はできません。
まさしく「折れない心」です。

投稿: コール隊長 | 2005/10/08 01:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/6279596

この記事へのトラックバック一覧です: 【AWAY】ナビ杯準決勝(2Leg)@ジェフ千葉戦:

« 長居スタジアム | トップページ | ミニバラ@秋咲き(その2) »