« 赤トンボ | トップページ | 長居スタジアム »

2005/10/03

【AWAY】第26節@セレッソ大阪戦

nagai0 「おい!元気ねーじゃねえか!」

応援コール第1声を受けた、コールリーダーの最初の言葉がこれだった。
不吉にもこの言葉が、試合の行く末を暗示していた。

試合前、“ヤン坊マー坊”が出現した。「なつyanbouかしいねぇ」「天気予報やれよ!」などなど声が聞かれ、スタンドの雰囲気も弛んでいた。
いや、それだけが理由ではない。
昨年2ndの快勝のイメージと、前回AWAYの勝利気分に囚われ「勝てるだろう」といった楽観的な空気も漂っていたかもしれない。

試合開始。nagai3
早速、森島に今回もしてやられた。
まだたっぷり時間はある、立て直すには充分であった。しかし・・・何かがおかしかった。
レッズ攻撃の際スペースは相手側に埋められ、逆に守備の際スペースが埋めきれていない。中盤プレスがかからない・・・いや足りない。

運動量にも歴然とした差があった。マイボールへのサポートに行かない、パスをもらいに行く動きがない、個々の勝負に競り負ける、一歩の出足が遅い、、、かたやセレッソは全くその逆ではつらつとプレーしていた。
攻撃態勢での、ポンテ・長谷部の位置が「パサー」のポジションにいない、つまり下がりすぎて達也との距離が長すぎた。こと永井にいたっては本来の前線にはおらず、中盤後ろからボールを奪っては前に持ち込んでいた。
前半は圧倒的に、シュートが少なかった。
中盤を相手に支配されて、結局ボールは焦りからのクロスの多用が目立ちビルドアップできず、長い時間を過ごすことになる。後半、啓太を下げ永井が右サイドになってからようやくサイドが若干活性化してマリッチの一矢となった。
これで一気に活気づくものと期待した。しかしそれでも選手達の動きは少なかった。本当にボールをもらいに行かないし、孤立した味方を助けに行かなかった。最後まで味方を有機的に使わずに個人技で局面に挑んだが・・・まあ、これも個々の勝負に勝ってればまだましなのだが、ことごとく負けていた。処置なしである

孤立無援の中で奮闘していたのは、果敢に相手DF裏を襲い続けた達也とゴールを守った都築であった。3失点の原因は都築と言うよりも、相手にフリーな場面を与えすぎたDF連携のまずさからだと思う。都築でなければ、5失点だったかも知れない。この2人は、今季コンスタントなパフォーマンスを見せてくれているだけでなく、闘争心に満ちた面魂で闘いに臨んでいる。最も信頼できる選手であろう。

結果、失意に満ちた敗戦となった。
負けるにしても、凡そ“優勝”を目指すチームの負け方ではなかった。運動量だけでなく気迫の面でも「完敗」であった。
虚脱感のなか、スタンドのサポたちも拍手はおろかブーイングする気すら無かった。無反応だった。
私も、選手が全員ロッカーに引き上げるまで、じっと選手達の後ろ姿をただただ見送っていただけだった。

負け犬は、さっさと帰るしかない。nagai4
スタジアムを去り際、インタビュアーの異常なテンションの勝利コールが場外にも響き渡った。まるで死者に鞭打つような所業である。
どうにもこの心の憂さをぶつける術もなく、地下鉄の柱にケリを入れようと飛びかかるもダンナに制止された(当たり前です ^^;)otabe
新大阪駅の売店では、無邪気に首を振って愛嬌をふりまいていた、何の罪もない“おたべ人形”に危うく往復ビンタを見舞わせるところであった、、、おたべちゃん、ゴメンね。

帰途ののぞみ車中、ダンナが『般若心経を読む』なる本を読み耽っていた(タイムリーな本だなあ・・・)。ほどなく「読め!」と渡されたが、数ページ読むなり寝てしまった(爆)。

 色即是空 空即是色

闘いは続いている・・・投げてしまったらそこで終わりだ。
自分の愛して信じてきたものを誇りに思おう。
そして愛して信じてきた自分を誇りに思おう。
『Pride of URAWA』
今こそ、選手もサポも、共に己の誇りを賭けて闘う時かもしれない。
闘う敵は、共に「自分」の中にある。

|

« 赤トンボ | トップページ | 長居スタジアム »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/6232006

この記事へのトラックバック一覧です: 【AWAY】第26節@セレッソ大阪戦:

« 赤トンボ | トップページ | 長居スタジアム »